SKINCARE TIPS

【スキンケア基本編】洗顔はなぜ必要?正しい効果的な方法を解説。

2022年11月10日

スキンケアの方法を調べるとだいたい

①洗顔
②化粧水
③乳液・クリーム

この順番で紹介されていると思います。

確かにこの順番が正しいと思います。

でも、なぜそれが大事なのかその役割意味もしりたいですよね。

そこで今回はスキンケアのそれぞれの意味を解説していきます。

こんな方におすすめ

  • スキンケアの役割や意味を知りたい
  • 洗顔の役割や正しい方法が知りたい

この記事を読めば、なぜこのスキンケアが必要なのかが分かります。
しっかり意味を理解して自分に合ったスキンケアをしていきましょう。

 

洗顔の役割

洗顔の役割は簡単に言うと「顔の汚れやほこりを綺麗にすること」です

顔は無防備に外的要因に晒されています。

・汗
・皮脂
・空気中のほこり
・車などの排気ガス

などなど様々な汚れやほこりが気づかない内に顔を汚しています。

これらの汚れを落とすために洗顔を行います。

何もしていなくても人間は汗をかくので毎日洗顔は必要です。

また洗顔をしないと汚れが溜まっていくので角質が厚くなったり詰まったりします。
それがニキビや黒ずみ毛穴の原因になるのでその予防のためにも洗顔は必要です。

 

正しい洗顔方法

洗顔は水だけはなく洗顔料洗顔ネットを使用しましょう。

水だけでは落ち切らない汚れがあります。

皮脂や毛穴の中の汚れはなかなか水だけでは綺麗にできません。

ですので洗顔をする際には洗顔料ともこもこ泡を作るために洗顔ネットを使用しましょう。

これであなたも洗顔マスター

洗顔をする時はこれを意識しましょう!

ポイント

・もこもこ泡で優しく
・手ではなく泡で洗う
・ぬるま湯がベスト

洗顔をする時には、上記の3つのポイントが大事です。

逆に洗顔の時にしてはいけないこともあります。

注意ポイント

・ゴシゴシ洗い
・熱いお湯での洗顔
・洗顔のしすぎ

まず泡はもこもこ泡を作りましょう。理由は肌への摩擦を減らすためです。

ゴシゴシ洗うと肌への摩擦が強くなるため、できるだけ泡を転がすように優しく洗いましょう。

正直洗顔ネットは100均のもので十分ですが、私が使用しているこのネットは最高です。
びっくりするくらい泡がもこもこになって弾力のある泡がすぐに作れます。

毎日する洗顔なので少し奮発していいものを買いましたが、これは買って損はしないです!

 

また、汚れを落とすために洗顔を何回もする人がたまにいてますが、それは間違いです。

洗顔をし過ぎると本来必要な油分や必要な肌機能までを失ってしまう恐れがあります。

洗顔は朝と夜の1日2回までにしましょう。

洗顔

洗顔料の選び方

洗顔料は自分にあったものを選びましょう。そんなポイントはこれ!

洗顔料選びのポイント

・自分の肌に合ったものを選ぶ
・もこもこ泡にとらわれ過ぎない
・保湿や油分が失われ過ぎないものがベスト

もこもこ泡が大事とは言いましたが、ただ泡立ちが良いものを選ぶと脱脂力が強いので注意です。皮脂を落としたい脂性肌の人には良いですが、乾燥肌の人は脱脂力が強すぎるかもしれないです。

乾燥肌の人はできるだけしっとりするものを選ぶのがベストです。

しっとりするものでも洗顔フォームを使えばしっかりもこもこ泡を作れるので安心してください。

おすすめ洗顔料

今おすすめしたい洗顔料はメラノCCのディープクリア酵素洗顔です。

落としにくいタンパク汚れを落とすタンパク分解酵素を配合しピュアビタミンCも配合しています。

やっかいな皮脂汚れなどをしっかり落とし肌に潤いと透明感も与えるコスパ最強洗顔料です。

 

まとめ

洗顔で大事なことは洗顔方法洗顔料の選び方です。

この2つに気を付けて自分に合った洗顔をすることであなたの肌は更に綺麗になります。

次回は化粧水についてです。

そもそも「スキンケア」ってなに?正しい方法とその手順を公開。

スキンケアってそもそも何? 「スキンケアが大事。」「美肌にはスキンケアの順番が大切。」 などなど、よく「スキンケア」と言いますがそもそも「スキンケア」とは何でしょうか? コスメコンシェルジュ資格取得の ...

続きを見る

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆるスキ

社会人ブロガー/化粧品検定1級・2級保持/コスメコンシェルジュ資格保持/ゆるゆる自分磨きをして最高な自分になるためのブログ/誰もが自分を好きになれるための方法を紹介

-SKINCARE, TIPS
-,